S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

のべ人数

私自身

栗松

Author:栗松
栗松です。

中学は完全にヲタの腐女子。
高校は変態の腐女子の恋愛脳。
大学は卒業が危うい。
NEW‼⇒大学卒業できました。
現在ニートである。

ほとんど誰も見てないだろうと思っているので
暗めの記事が多いです、スンマセン。
ちょこちょこ明るい記事も書いていきたいな~。

昔やってたこと消すの嫌なので
中学からの記事やらなんやら色々残したままやってってます。
下のもそんな感じ。

のんびりやっていきたいですね。

♪♪♪

絵茶室

ときたまに管理人が絵の練習を行っているかも知れません。
そのときは相手してくれると嬉しいです!

私の更新状況カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、嗚呼

声が聞こえる


誰かを呼ぶ声
叫んで、叫んで、叫んで

咽が枯れるまで



泣いて、鳴いて、啼いて―――――――――









そう

この声は



――が


――を





求める、声
『ねーえっ?』

なに?

『貴方は私をずっと守ってくれるかしら?』

当たり前だろ

『本当?』

本当さ

『信じてもいいの?』

ああ

『私が死んでしまいそうでも?』

ああ

『私が死んでも?』

ああ

『私の死体が腐敗した血肉となっても?』

ああ

『そんな私を、』

愛し続けるさ

『・・・・・』

だって俺は
君を
守るために


生まれ、生きている




君のためだけの存在

君のために死ぬことが、唯一許される






そんな、存在






『―――――――――私は、そんな貴方を愛―――――――――――――――――――――』
ぴこぴこ ぴこぴこ | HOME |

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。